医療法人社団 茉悠乃会
船橋ゆーかりクリニック

ご予約はこちら:現在の予約状況:女医 月,火,水(隔週),金曜
診療時間: 診察券アプリと予約方法 :金曜夜間手術対応(17-19時)
ほくろレーザー除去

 
~保険診療でも待ち時間が短い駅近の皮膚科~
 0120-12-4103  不具合時047-421-1103 
Facebook:無料メール相談:院長ブログ:皮膚外科サイト
お知らせ:かづき・デザインテープ取扱:予防接種受付一旦終了
年末年始 12月27日水曜まで、1月5日金曜から

子供脱毛
ピコレーザー

医療法人社団 茉悠乃会
船橋ゆーかりクリニック

待ち時間が短い駅近の皮膚科
お問合わせ&ご予約 0120-12-4103
JR船橋駅北口から右手にあるドコモの上
お知らせ 金曜夜間(18時~20時)手術可,遠隔診療準備中
     月曜と水曜は夕方18時30分まで受付
     かづき・デザインテープ取扱:インフルエンザ予防接種受付終了
女性医師3名 毎週月9-17,火9-18,金9-14,17-20,隔週水9-13時
年末年始 12月27日水曜まで、1月5日金曜から
美容診察から施術の流れ

寺田医師から美容医療をお受けになる方にメッセージ

 エステやクリニックで、いろんな美容施術を受けてても、あまり変わらないと思うんだけど、先生やスタッフの皆さんが”良くなった”って言っているから、良くなっているじゃないかと、”なんとなく”思っていませんか? 
 船橋ゆーかりクリニックでは、美容施術を行って、効いているのか、効いていないのか、白黒はっきりさせて、前に進みます。そのために当院で頻用しているのが、アンテラ3Dです。
 高額な費用をお支払いただいていますので、治療効果を評価することは美容医療の常識と言っても過言ではありません。他院で施術をお受けになる際も、最低限でも写真記録は必須と思います。クリニックはエステとは違います。効いていない施術をだらだらと受ける必要はありません。そのあたりは厳しい目を向けていただいていいと思います。 
 体質に個人差があります。遺伝的に色素が出やすい人、紫外線に反応して黒くなりやすい人、赤くなるだけの人、ほくろを取った痕が治りにくい人などさまざまです。治療法にもレーザー、光、超音波、遠赤外線、電磁波から注入、クリーム、内服までいろいろありますので、体質に合う、合わないを模索しながら、治療を進めなければならないのが、美容医療です。すべての方に効果が出るオールマイティーの治療法は残念ながらございません。 
 5月から最新のピコレーザーが稼働しています。入れ墨やシミに効果があります。従来のQスイッチレーザーの照射時間が50ナノ秒に対して、さらに短い100分の1、500ピコ秒という一瞬に光るレーザーがピコレーザーです。こんなに短い時間だと、特定の色に反応して発生する熱ではなく、光の衝撃波によって粒子が壊れて、細かい微粒子に変化し、見えなくなります。リンクはこちら 
 ほくろとニキビ痕の治療も一新しました。最新の炭酸ガスレーザーによる治療です。ほくろ除去後、赤みや凹みが気になる方にはアクトシン軟膏が効きます。ニキビ痕はフラクショナル照射に、成長因子導入+アクトシン軟膏がお勧めです。リンクはこちら
 また、点滴ではグルタチオン点滴がパーキンソン病に効果があるということで話題ですが、シミにも効果が出ることがわかってきました。価格も安いので、お勧めしています。レーザー照射と同時に点滴すると、レーザーによる炎症後色素沈着が少なくなる現象に驚いています。 
 美容皮膚科では、しみ、しわ、たるみ、平らなほくろ、ニキビ痕などを、レーザーや光、電気、電磁波、超音波、ヒアルロン酸、ボツリヌスなどで改善して、見た目をより良くするアンチエイジングを目指しています。でも、実はからだの内側、つまり、消化管(口腔、食道、胃、十二指腸、肝臓、膵臓、小腸、盲腸、大腸)を整えることが基本であることに気が付きました。毎日の食事と深い関係にあります。プロテインスタイル(高タンパク、オメガ3オイルの積極的摂取+糖質制限)をお勧めしています。