~保険診療でも待ち時間が短い駅近の皮膚科~ 会員申込ログイン
TEL0120-12-4103 ゴールデンウイークの休診4月29日~5月6日
院長ブログスタッフブログ遠隔診療無料セミナー日曜5月13,27日

医療法人社団 茉悠乃会
船橋ゆーかりクリニック

保険診療でも待ち時間が短い駅近の皮膚科
ゴールデンウイークの休診は4月29日から5月6日
ご質問&ご予約 0120-12-4103 /ネット予約
Blog院長スタッフ遠隔日曜:5月13,27日

クリニックと医師のご紹介

寺田院長の研究発表(セミナー・学会・論文)

<社訓>

心と肌を磨いて明るい未来の創造

<基本理念>

1.素顔の患者様の立場を尊重した思いやりのある診療
2.現状分析と効果判定に基づくエビデンスのある治療
3.独創的なアイデアと素材の開発研究 
4.皮膚形成外科と芸術を通じた地域社会への貢献

<茉悠乃会のネーミングに込めた想い>

1.繭(まゆ)
真っ白で、楕円形の繭(まゆ)が、卵のイメージに重なることから、これから生まれる新しい医療法人を大切に成長させたいという想いを込めています。
2.茉と悠
実は娘ふたりの漢字一字ずつを取っていますが、茉(松)はジャスミンのような香り、悠は長く続く状態を表し、いい香り(アロマ)が永遠に続いてほしいという願いを込めています。
3.蚕
繭(まゆ)と言えば、蚕。蚕が作る絹糸はとても丈夫ですが、フィブロインという生分解性高分子ポリマーからできています。再生医療やサプリメントで有効性を認められるタンパク質です。日常生活の身近なことでも、見方を変えると劇的に変化します。発想の転換で生きる力をアップしたい、皆様の生活を応援したいと願っています。

<ゆーかりのネーミングに込めた想い>

ユーカリの花言葉に”新生、再生する”という意味があります。砂漠の乾いた土地でも根を深く張り、水を吸い上げて、力強く成長するユーカリをクリニック名として採用しました。地域の皆様の健康増進、病からの”再生”に少しでもお役に立ちたい想いを表現しています。

..

生い立ち

瀬戸内海の穏やかな気候で、広島県福山市で生まれ育ちました。高校まで福山で学び、大学から広島に出ました。卒業後は、すぐ東京に移りました。

医師を目指した理由は?

小学生のころ、祖父が脳溢血で亡くなったこと、伯父が整形外科で開業していたこと、妹がアトピー性皮膚炎で苦しんでいたことなど、いろんな条件が重なって、高校で進学校に合格できたこともあり、医学部を目指すことを決めました。

形成外科を選んだ理由は?

自分の手で治したいという思いが強かったので、外科系を選択することはすぐに決まりましたが、身体内部ではなく、当時理解しやすかった身体表面を選ぼうと思いました。整形外科と迷いましたが、当時広島大学には診療科がなかった形成外科を選びました。たまたま、東京女子医大で形成外科を務めた先輩医師が広島で開業されたことなどが後押しになり、東京で研修医を務めることを決心しました。

開業した理由は?

立川の災害医療センターから八千代医療センターの勤務に転勤になり、医局の都合で異動させられることに疑問を感じていたこと。父が進行胃がんで亡くなり、形成外科だけでなく、他の医療分野(とくに進行がん)のことがもっと知りたくなったこと。開業すると、勤務医と違った苦労がたくさんありますが、医療だけでなく、別の広い世界を知ることができ、楽しくなっています。

趣味は?

子供の頃は、未来の車や建物を細かいイラストで描いていて、医師でなければ、建築士になっていたかもしれません。今は、イラストは描けませんが、ホームページを自分でデザインすることは好きですね。
スポーツが好きですが、マラソンのような持久走は心臓がついていきません。中学時代は軟式庭球、大学時代は合気道、数年前までテニスと社交ダンス、今は加圧トレーニングをやっています。社交ダンスはタマオキトモヒロダンススクール立川教室で習い始め、船橋の阿部ダンススクールで教えてもらっています。加圧トレーニングスタジオはプレシャスです。

患者様にメッセージ

ほくろやしこりをきれいに手術で治したい方、眼瞼下垂や眼瞼けいれんの患者様には、専門とする形成外科の緻密なテクニックをご提供します。なかなか治らない皮膚などの病気には、標準治療の他に食生活の見直す”タンパク質と良質なオイルを補充する糖質制限”をアドバイスしています。保険診療でも自由診療でも待ち時間が短い予約診療で、患者様のために時間を確保します。お気軽にご相談ください。

言語対応

English 

資格

  • 医師免許 310756号
  • 日本形成外科学会専門医 93-0903号
  • 皮膚腫瘍外科指導専門医 10-20349号
  • 医学博士 乙―1930号
  • 日本ファンクショナルダイエット協会
    • ケトジェニックダイエット・シニアアドバイザー
  • ミス・ユニバース・ジャパン 評議員

経歴

  • 昭和37年 広島県福山市生まれ
  • 昭和56年 広島大学付属福山高等学校卒
  • 昭和62年 広島大学医学部卒
  • 昭和62年 東京女子医科大学形成外科入局
  • 平成11年 医学博士取得
  • 平成12年 ハーバード大学医学部マサチューセッツ総合病院
         組織工学研究室リサーチフェロー
  • 平成13年 9.11をボストンで体験
  • 平成14年 国立病院機構災害医療センター 形成外科医長
  • 平成19年 東京女子医科大学八千代医療センター 形成外科講師
  • 平成21年 東京女子医科大学 退職
  • 平成21年 船橋ゆーかりクリニック 個人事業として開業
  • 平成28年 医療法人社団茉悠乃会設立
 

生い立ちは?

海外転勤族だった父親のおかげで、生まれは”レバノン”で、育ちは”スイス”です。スイスの中学から大学を途中まで通いました。英語とフランス語も話すことができます。すごいってよく言われますが、恵まれた環境を与えられたことにいつも感謝しています。

医師を目指したきっかけは?

小さい頃から医師になるのが夢でした。日本の医師を目指して、琉球大学医学部に入り直し、東京女子医大形成外科で寺田院長の後輩となりました。

形成外科を選んだ理由は?

綺麗な形を作ることや細かい手先の作業が好きです。形を成す外科!これ以上ぴったりな外科はないと思い、形成外科を選びました。

違うことは?

実は、実家が真言宗のお寺を営んでおりまして、父のあとを継ぐため、僧侶の修行も行いました。週末は僧侶として活動しています。

趣味は?

ゴルフ、歌舞伎鑑賞です。中村七之助がお気に入りです。

言語対応(ネイティブレベル)

English、French

 

隔週水曜9時から13時と毎週金曜10時から14時に皮膚科を担当しております。
ニキビの新薬が次々に登場し、治療のバリエーションがかなり豊富になってきています。こちらのクリニックでは標準的な塗り薬や飲み薬に加え、漢方薬や食事療法、スキンケアなど多方面からアプローチし、患者様のお肌に合わせた治療を心がけております。ニキビでお悩みの方は是非一度受診していただけたらと思います。
また、私自身、子供がおり、お子さまや妊娠中の肌トラブルでお困りの方、どうぞご相談ください。実体験を含めた対処法を考え、治療にあたらせていただきます。
その他、日常でのスキンケアで何かわからないことがありましたら、些細なことでも構いませんので、是非お気軽にご相談ください。お待ちしております。
茉悠乃会の皮膚外科ブログ
茉悠乃会のFacebook