~予約できる駅近の皮膚科・形成外科~ 会員申込ログイン
☎0120-12-4103 日曜診療10月14日
院長スタッフ遠隔セミナー注入療法
お知らせ:当院では、今年はインフルエンザ予防接種は行いません。
採用情報当日受付は終了30分前まで

医)茉悠乃会
船橋ゆーかりクリニック

予約できる駅近の皮膚科
ご質問&ご予約 0120-12-4103 /ネット予約
今年は、インフルエンザ予防接種は行いません。
ブログ院長スタッフ遠隔診療
診療アプリ採用情報日曜診療10月14日

乾癬(かんせん)

赤く盛り上がったかさつき
治療の基本は食事

リンク 原因 治療法 生活習慣 飲み薬 塗り薬 結果 皮膚科 トップ 

乾癬の治療結果(保険診療)

治療開始前

腰部乾癬
治療前

治療1ヶ月後

腰部乾癬
治療後1ヶ月

治療開始前

肘部乾癬
治療前

治療1ヶ月後

肘部乾癬
治療後1ヶ月

リンク 原因 治療法 生活習慣 飲み薬 塗り薬 結果 皮膚科 トップ 

乾癬とは

慢性で経過する皮膚の角化異常。通常30日かかる皮膚のターンオーバーが3~4日と10倍も早くなり、腫れたような赤み(紅斑)の中に、カサついて乾燥した表皮(鱗屑)が白く盛り上がってボロボロと剥がれてくる病態です。同じ”かんせん”と読む”感染”とは全く関係ありません。”乾癬”は伝染する病気ではありません。
以下のような様々なタイプがあります。

尋常性乾癬:全体の9割
滴状(てきじょう)乾癬
乾癬性紅皮症(こうひしょう)
膿疱性(のうほうせい)乾癬
関節症性乾癬

リンク 原因 治療法 生活習慣 飲み薬 塗り薬 結果 皮膚科 トップ 

乾癬の発生原因

乾癬の病態

TNF-αの刺激による皮膚のターンオーバー亢進。本当の原因は不明。遺伝子要因と環境要因の多因子による病態か?
遺伝子 

  1. HLA class I近傍
  2. 6番染色体
  3. 17番染色体

Th17細胞性慢性疾患

  1. TNF-α
  2. IL-12/23p40
  3. IL-17A

生活環境

  1. 内外のストレス
  2. 気候の変化
  3. 高脂肪摂取など

リンク 原因 治療法 生活習慣 飲み薬 塗り薬 結果 皮膚科 トップ 

日常生活習慣の見直し

1.食生活

減らすべき食事

1.甘いお菓子(駄菓子、ケーキ、チョコ)

  •  ⇒血糖値が上がり、インスリン分泌が増えます。中性脂肪になります。

2.炭水化物(ご飯、パン、麺類など)

  •  ⇒血糖値が上がり、インスリン分泌が増えます。中性脂肪になります。

3.脂っこい食品(カレー、ハンバーグ、唐揚げ、中華料理、マーガリン、コーヒーフレッシュ)

  •  ⇒オメガ6脂肪酸やトランス脂肪酸が炎症に原因になります。

4.牛乳

  •  ⇒乳製品が悪化原因の一つであるを示す海外論文が多数あります。

増やすべき食事

1.βカロチン含有食材

  • 安全性が高いのはβカロチンです。必要に応じてビタミンAに体内で変換されるからです。
  • 野菜
    • 人参、モロヘイヤ、ホウレン草、唐辛子の葉やあしたば、春菊、大根の葉、にら、ルッコラ、おかひじき、タアサイ
  • 乾し海苔
  • 抹茶

2.ビタミンA(レチノール)含有食材

  • レバー(重さは1日最大摂取量換算を示す)
    • スモークレバー15g、鶏20g、豚27g、牛230g
    • 美味しいからって、食べすぎないようにご注意
    • 参照サイトはこちら⇒ビタミンAが多い食品
  • 魚(重さは1日最大摂取量換算を示す)
    • あんこう肝30g、うなぎ140g、ギンダラ170g
  • その他
    • 生クリーム、チーズ、バター

2.タンパク質(肉、魚、卵、豆腐、納豆)

  •  ⇒肉と魚だと、1食あたり100gは食べましょう。20%がタンパク質なので、20gタンパク質が摂取できます。

3.オメガ3脂肪酸(さば、さんまなど魚、亜麻仁油、エゴマ油など)

  •  ⇒オメガ3脂肪酸には炎症を抑える作用があります。
  •  ⇒サバ缶やサンマ缶を活用しましょう。タンパク質とオメガ3オイルと同時摂取できます。
  •  ⇒オイルの場合、オメガ3は酸化しやすいので加熱してはいけません。

4.ココナッツオイル

  •  ⇒飽和脂肪酸は酸化しませんので、炒め物に最適です。

ウドズオイル 人気のオメガ3/6ブレンドオイル

  • 亜麻仁だけでなく、ひまわり、胡麻、米胚芽、米ふすま、オーツ麦芽胚、オーツ麦ふすま、ココナッツオイル、月見草油、大豆レシチンから製造されています。
  • カナダ製 低温圧搾、冷凍輸送、冷凍保管、遮光瓶を使用して、製造、輸送工程での徹底的な酸化対策を図り、高品質を保っています。
  • 寺田院長推薦 船橋ゆーかりクリニックで冷凍販売

リンク 原因 治療法 生活習慣 飲み薬 塗り薬 結果 皮膚科 トップ 

飲み薬

乾癬に直接効果がある内服薬は活性化ビタミンA内服薬(チガソン)がありますが、催奇形性など副作用が強いため、残念ながら一般的ではありません。以下に列挙した内服薬は対処療法を行う際に内服する薬です。食生活の改善に取り組みながら、内服すると治りやすくなります。

チガソン
  • 会社
    • 中外製薬
  • 成分
    • エトレチナート
  • 製剤
    • 錠剤
      • 10mg
      • 25mg
  • 承諾書
  • 注意
    • 男女ともに催奇形性があるので、結婚されてお子さんを考えていらっしゃる男女は内服できません。内服する場合は避妊が必要です。内服終了しても2年間は妊娠しないように指導されています。
  • 適応
    • 妊娠と無関係な方
    • 乾癬
    • 掌蹠角化症
    • 掌蹠膿疱症
    • 魚鱗癬
副作用(5%以上発現)
  • 唇の荒れ
    • 口唇炎、口角炎
  • 口腔内乾燥
  • 食欲不振
  • 皮剥け(皮膚の落屑)
  • 皮膚が薄くなる(菲薄化)
  • 脱毛
  • 皮膚のかゆみ(掻痒)
  • 爪周囲の腫れ(爪囲炎)
  • 鼻乾燥
  • 頭痛
  • 結膜炎
  • フラッシング(潮紅)
ビタミン
  • ビタミンB
    • 炭水化物に含まれる糖質を肝臓で代謝する際に多量のビタミンBが消費されるのです。
  • ビタミンC
    • 乾癬の炎症後色素沈着に有効ですが、保険では最小限の投与量ですので、サプリメントをお勧めしています。
腫れ止め
  • トランサミン
    • 風邪を引いたとき、喉の腫れを引かせる目的でも処方される薬です。
    • 乾癬の赤みを軽減するのに有効と考えます。
抗ヒスタミン剤
  • かゆみ止め
  • 1日1回
    • アレジオン
    • ザイザル
    • ジルテック
  • 1日2回
    • タリオン
    • アレロック
    • アレグラ

リンク 原因 治療法 生活習慣 飲み薬 塗り薬 結果 皮膚科 トップ 

塗り薬

☆食生活の改善に取り組みながら、外用すると治りやすくなります。何も変えなければ、塗り薬を止めるとすぐ再発します。

ドボベット
  • 会社
    • 協和発酵キリン
    • LEO Pharma
  • 配合剤
    • 活性型ビタミンD3
      • カルシポリトール
      • ドボネックス相当
    • ステロイド
      • ベタメタゾンジプロピオン酸エステル
      • リンデロンDP相当
  • 剤形
    • 軟膏
  • 塗布回数
    • 1日1回
  • 最大塗布量
    • 1週間で90g=6本を超えないこと
  • 効果
    • 最適な配合になり、効果が向上した。
  • デメリット
    • 高価
      • 1本15g約2,000円
マーデュオックス
  • 会社
    • マルホ
  • 配合剤
    • 活性型ビタミンD3
      • マキサカルシトール
      • オキサロール相当
    • ステロイド
      • ベタメタゾン酪酸エステルプロピオン酸エステル
      • アンテベート相当
  • 剤形
    • 軟膏
  • 塗布回数
    • 1日1回
  • 最大塗布量
    • 1日10g=1本
    • 1週間で70g=7本まで
  • 効果
    • 最適な配合になり、効果が向上した。
  • デメリット
    • 発売後1年間は多量に処方できない。

リンク 原因 治療法 生活習慣 飲み薬 塗り薬 結果 皮膚科 トップ 

ドボネックス
  • 会社
    • 鳥居薬品
  • 配合剤
    • 活性型ビタミンD3
      • カルシポリトール
  • 剤形
    • 軟膏
  • 塗布回数
    • 1日2回
  • 最大塗布量
    • 1週間で90gを超えないこと
  • 効果
    • 細胞増殖抑制
    • 細胞周期調整
    • 細胞分化誘導
  • 使用タイミング
    • ドボベットの効果発現後、寛解期に塗布
オキサロール
  • 会社
    • マルホ
  • 配合剤
    • 活性型ビタミンD3
      • マキサカルシトール
  • 剤形
    • 軟膏
    • ローション
  • 塗布回数
    • 1日2回
  • 最大塗布量
    • 1日10g=1本
    • 1週間で70g=7本まで
  • 効果
    • 表皮角化細胞増殖抑制
    • 表皮角化細胞分化誘導
    • サイトカインIL-6抑制
    • 多核白血球やリンパ球抑制
  • 使用タイミング
    • マーデュオックス効果発現後、寛解期に塗布。
 

お問い合わせ&ご予約

0120-12-4103
お電話受付時間(診療時間ではありません)
月曜9-18:30、火曜9-18、水曜9-18:30
金曜10-20、土曜9-16、日曜9-12時(月2回)
診察にご予約は必須ではありませんが、
ご予約すると、待ち時間が短くなります♫
事前に問診票を印刷してご記入いただくと、
受付での待ち時間がさらに短くなります♬