~予約できる駅近の皮膚科・形成外科~ 会員申込ログイン
☎0120-12-4103 日曜診療12月16日
院長スタッフ遠隔セミナー注入療法
お知らせ:当院では今年はインフルエンザ予防接種は行いません。
採用情報当日受付は終了30分前まで

医)茉悠乃会
船橋ゆーかりクリニック

予約できる駅近の皮膚科
ご質問&ご予約 0120-12-4103 /ネット予約
当院では、インフルエンザ予防接種は行いません。
ブログ院長スタッフ遠隔診療
診療アプリ採用日曜診療12月16日

ニキビ痕治療の結果

推奨軟膏単独、レーザーのフラクショナル照射単独、フラクショナル照射と推奨軟膏を併用した場合

詳細は会員サイトでご案内します。会員登録後にアクセスください。よろしくお願いします。

 

ニキビ痕の治療価格(税抜)

★既存軟膏で治るニキビ痕の非炎症性赤みと凹み★

寺田医師推奨の軟膏

2g500円、5g1,000円など

ご注意)赤にきびには使用禁止

フラクショナル照射

炭酸ガスレーザー スマートサイドドット

照射直後に成長因子製剤散布+自宅で推奨軟膏塗布

予約料+施術料+レーザー料+薬代

1x1cm6,000円、2x2cm7,000円

3x3cm9,000円、4x4cm11,000円

5x5cm 13,000円

5x5cmx2部位 25,000円

四角もしくは六角の範囲に照射

変形はその都度対応します

治療のリスク・副反応と対策

推奨軟膏

利点:手軽。安価。自己管理できる

欠点:少々臭いがします。毎晩塗布が必要。

リスク:接触性皮膚炎で赤くなる場合があります。

副反応:毛穴の詰まりによるニキビの再発。

対策:ニキビが出たり、赤くなったら、塗布しないこと

フラクショナル照射

利点:ピンポイントで照射可能

欠点:ダウンタイム(痛みや赤み)

リスク:照射後赤みや炎症後色素沈着が続く場合があります。

副反応:炎症後色素沈着

対策1:弱めの照射、照射後に冷却

対策2:徹底したUVケア、治療間隔を伸ばす

治療法

レーザーのフラクショナル照射とトラフェルミンのコンビネーション。
にきび痕に対する治療は以下のような手順で行っています。

1. 皮膚表面麻酔薬エムラクリームを塗布(30分)
2. 炭酸ガスレーザーによるフラクショナル照射 弱めに広く照射⇒深い部分は強く照射
3. 照射直後にトラフェルミンを散布
4. ラップして、冷却
5. 帰宅後、夜のみ推奨軟膏を塗布

推奨軟膏に関するご注意

軟膏について

推奨する軟膏には、表皮を再生する作用が報告されている軟膏です。慢性化した皮膚潰瘍(褥瘡や熱傷潰瘍)に対する治療経過の流れの中で、他の外科的な方法や外用剤を使用して、皮膚潰瘍がやっと治ってきた状況で、上皮の再生が遅い、あと少しで治りそうといった状況で使用する軟膏です。

応用編

このサイトで呈示した方法は、皮膚潰瘍がないニキビ痕でも、上皮が薄い状況下では、上皮再生促進効果(表皮角化細胞が増殖して、皮膚の元通りの厚みになる作用)が認められるということを示しております。

学会発表

推奨軟膏塗布の結果を調査し、2015年日本美容皮膚科学会で発表しました。まとめると、30歳以上で、凹みがひどい方は効果が出にくいです。

皮膚が分厚く、硬いからだと思います。

レーザー照射との併用すると、改善するデータがあります。

お問い合わせ&ご予約

0120-12-4103
お電話受付時間(診療時間ではありません)
月曜9-18:30、火曜9-18、水曜9-18:30
金曜10-20、土曜9-16、日曜9-12時(月2回)
診察にご予約は必須ではありませんが、
ご予約すると、待ち時間が短くなります♫
事前に問診票を印刷してご記入いただくと、
受付での待ち時間がさらに短くなります♬