~予約できる駅近の皮膚科・形成外科~ 会員申込ログイン
☎0120-12-4103日曜診療8月19日
院長スタッフ遠隔セミナー採用
採用情報お盆休み8月11日土曜ー16日木曜

医療法人社団 茉悠乃会
船橋ゆーかりクリニック

予約できる駅近の皮膚科
採用情報 お盆休み8月11日土曜ー16日木曜
ご質問&ご予約 0120-12-4103 /ネット予約
院長スタッフ遠隔日曜:8月19日

すり傷・擦過傷の救急対処法
(医療機関向け)

救急医療関係の皆様へ、すり傷・擦過傷を早くきれいに治す方法を公開しています。参考にしていただくと幸いです。創部を生理食塩水で洗い流すだけでなく、ミクロの 汚れをブラシで掃き落とす必要があります。きちんと治療すれば、1週間できれいになります。広範囲の症例を提示します。

広範囲擦過傷の治療経過

PCでは、マウスでカーソルを画像上に合わせると、画像が切り替わります。スマホの方は、縦長から横長画面に90度回転させて、画像の上を指でなぞると、画像が切り替わります。

★★★★★
★★★★★

すり傷・擦過傷の救急処置

救急対応のドクター&ナースの皆様へ

準備物

1.エムラクリーム(局所麻酔クリーム)

保険適応外使用のため、保険請求できません。

2.キシロカイン1%E(局所麻酔注射)

保険請求できます。

3.食品用ラップ(エムラクリームのODT療法)

保険請求できません。

4.生理食塩水20ml、もしくは、点滴用生食100ml

保険請求できます。

5.ブラシ(市販の歯ブラシ)

保険請求できません。

6.創傷被覆材

デュオアクティブ

レプリケアなど

保険請求

創傷処理(筋肉・臓器に達しないもの)

擦過傷も顔面挫創の一種です。きちんと処置しなければ、通院日数の長期化、炎症後色素沈着など後遺症が残り、とくに顔面で広範囲の擦過傷では醜形を残し、著しいQOLの低下を招きます。

時期

★受傷直後

★受傷後、2,3日経っていても大丈夫です。

創部はフィブリン膜で覆われていますが、その下に汚れがあるので、フィブリン膜や痂皮は積極的に除去します。

麻酔

★エムラクリームを創部に直接塗布して、ラップでカバーし、30分待ちます。

★切り傷を伴っている場合は、1%Eキシロカインで麻酔注射も併用します。

前準備

★創部がフィブリン膜で覆われている場合は鑷子やブラシで積極的に除去します。

処置

1.生理食塩水を創部に垂らしながら、ブラシで創部を擦ります。

2.砂粒が落ちるように、短いストロークで、さっさっと掃くように、動かすとよいです。ダーモスコープがあれば、砂粒が落ちたかどうか、確認できます。

3.生食で洗い流せば、消毒する必要はありません。 

処置後

★デュオアクティブやレプリケアなど医療用創傷被覆材でカバーし、いわゆる湿潤環境を保ちます。

★創傷被覆材がない場合は、精製ワセリンのプロペトをラップにたっぷり塗布して創部をカバーし、テープで固定しておくといいでしょう。

上皮化

★1週間前後で速やかに上皮が再生して、きれいなピンク色のお肌になります。

アフタケア

 ★赤みがあるうちは、日焼け止め外用などで紫外線防止を徹底してください。

後遺症

★炎症後色素沈着=うす茶色の痕

3か月を過ぎると自然と薄くなってきますが、傷の深さや体質によって、茶色が薄くなるまでにかかる時間が異なります。

日焼けしていると、炎症後色素沈着は残りやすくなります。

治療法:トランサミンの内服やトランサミン注射液の局注療法(自費)

★外傷性刺青

泥粒が残って、薄くて細い黒い線や点が残る状態

水道水で流すだけで、ブラッシングしない場合は、異物が多くなります。

治療法:レーザー照射療法

お問い合わせ&ご予約

0120-12-4103
お電話受付時間(診療時間ではありません)
月曜9-18:30、火曜9-18、水曜9-18:30
金曜10-20、土曜9-16、日曜9-12時(月2回)
診察にご予約は必須ではありませんが、
ご予約すると、待ち時間が短くなります♫
事前に問診票を印刷してご記入いただくと、
受付での待ち時間がさらに短くなります♬