医療法人社団 茉悠乃会
船橋ゆーかりクリニック

ご予約はこちら:現在の予約状況:女医 月,火,水(隔週),金曜
診療時間: 診察券アプリと予約方法 :金曜夜間手術対応(17-19時)
ほくろレーザー除去

 
~保険診療でも待ち時間が短い駅近の皮膚科~
 0120-12-4103  不具合時047-421-1103 
Facebook:無料メール相談:院長ブログ:皮膚外科サイト
お知らせ:かづき・デザインテープ取扱:予防接種受付一旦終了
年末年始 12月27日水曜まで、1月5日金曜から

子供脱毛
ピコレーザー

医療法人社団 茉悠乃会
船橋ゆーかりクリニック

待ち時間が短い駅近の皮膚科
お問合わせ&ご予約 0120-12-4103
JR船橋駅北口から右手にあるドコモの上
お知らせ 金曜夜間(18時~20時)手術可,遠隔診療準備中
     月曜と水曜は夕方18時30分まで受付
     かづき・デザインテープ取扱:インフルエンザ予防接種受付終了
女性医師3名 毎週月9-17,火9-18,金9-14,17-20,隔週水9-13時
年末年始 12月27日水曜まで、1月5日金曜から

低出力・連続照射型レーザー脱毛の結果

医療脱毛はレーザーでも光でも強力ですので、3~5回の施術で効果が出ます。エステでの脱毛より、少ない回数で有効性を実感できます。
(なお、脱毛結果には個人差がありますので、ご了承ください。)

副反応に関して

髪の毛があると、焦げ臭いにおいがします。
部位によって、冷却のタイミングが多少遅れて、痛みを少し感じることがあります。
色が黒いもの(黒い衣服、マーカー)が近くにあると、やけどが発生することが稀にあります。
従来の脱毛方式だと、毛穴が詰まってしまうので、毛のう炎や埋没毛が発生する場合があります。
蓄熱式レーザー脱毛で毛のう炎は起こりにくいです。

↓資料から↓

ワキ脱毛
3回施術後4週

Vライン

3回施術後4週

 
 

 下腿脱毛

 3回施術後4週 

 前腕脱毛

3回施術後4週

 

医療レーザー脱毛料金(成人)

未成年対象のこども脱毛施術料金はこちらです。

初回、脱毛カウンセリング料 1,000円
予約料は施術料に含むことになりました。
ただし、金曜夕方18時以降、土曜お昼12時以降、日曜の処置はプラス1,000円かかります。
剃毛されていない場合、剃毛料金2,000円がかかります。剃毛してご来院ください。
当日キャンセル料 施術料の20%(前日までにご連絡ください)

 
成人施術料金(すべて1回毎、左右両側、税抜価格)

★脇 
3,000円
☆顔 
全顔20,000円
おでこ5,000円
顔下2/3 15,000円
あご髭(口唇周囲+下顎縁上下)10,000~20,000円(範囲による)
上口唇(鼻下)2,000円
★頚部
うなじ 15,000円
前頚部 5,000円
☆上肢
上腕(肘上まで)15,000円
前腕(肘上~指)15,000円
手背~指5,000円
手指のみ3,000円
★体幹
へそ周囲3,000円
乳輪周囲4,000円
ビニキライン7,000円
胸腹部全体60,000円
腰背部全体60,000円
1/3領域20,000円
2/3領域40,000円
☆殿部
50,000円
★下肢
大腿(前面30,000円、後面30,000円)
下腿(前面15,000円、後面15,000円)

足背~指3,000円、足指のみ2,000円
☆IOは行っておりません。

低出力・連続照射型レーザー脱毛器

★安全なレーザー脱毛を受けましょう★

脱毛は毛根を焼灼する処置ですので、厚生労働省から医療行為とされております。エステでの脱毛は違法ですし、弱い出力で何回照射しても脱毛されません。また、やけどなどのトラブルが発生しています。ご注意ください。

低出力、連続照射型レーザー脱毛器。強力な冷却チップと1秒間に10発連続照射することで、地肌が黒い方でも安全な、痛みが少ないレーザー脱毛を実現しました。また、色が薄い毛にも有効です。(注:痛みには個人差があります)

このレーザー脱毛器に関する文献

810nmダイオードレーザーの低出力、連続照射と高出力、ワンショット照射による永久脱毛の効果と安全性を比較評価する
J.Cosmet Laser Ther. 2011, 13(4):134-7.
【背景】この研究は毛根に連続照射する低出力レーザーが、ワンショット照射の高出力レーザーより、不快感や副反応が少なくなり、かつ、永久脱毛が得られるという仮説を評価するために計画された。
【対象】顔面多毛症の患者において、810nmダイオードレーザーの低出力、反復照射と高出力、ワンショット照射を永久脱毛の効果と安全性から比較評価した。
【方法】多嚢胞性卵巣がエコーで確認され、かつ、顔面多毛症がある42名の女性患者に対して、月に1回、計6回、片側の顔面にソプラノ XLレーザーをSHRモードで低出力、反復照射、反対側にライトシアーレーザーを高出力、ワンショット照射した。6回の照射が終わって毛髪の本数を専用解析装置でカウントし、VAS(ビジュアルアナログスケール)で疼痛スコアを記録した。
【結果】平均減毛率はソプラノで90.5±7%、ライトシアーで85±8.5%であった。
【考察】新しい技術である低出力、反復照射による減毛率は、ライトシアーに比較して統計学的には有意差はなかったが、細毛化や疼痛の軽減に関して有意差を示した。

低出力・連続照射型レーザー脱毛の特徴

1.痛みは少ないです
ソプラノアイスは、従来のレーザー脱毛と比較し、1発の熱量が半分以下であること、そして、強力な「冷却チップ」で皮膚表面を冷やしがら照射すること、この2点から施術時の痛みは少なくなりました。(注:痛みには個人差があります)
2.濃い茶色の皮膚でも照射できます
従来のレーザー脱毛では難しかった茶色に日焼けした皮膚や地黒の方でも、ソプラノアイスはレーザー出力が半分以下ですので、安全に脱毛できるようになりました。
3.産毛や軟毛も治療対象です
従来のレーザー脱毛のような毛根の茶色をターゲットにしているのではなく、毛包の幹細胞が存在するバルジ領域をターゲットにしているため、茶色が薄い毛や白い毛でも効果が発揮されます。

低出力・連続照射型レーザー脱毛の原理

1発あたりの照射エネルギーを下げるかわりに、1秒間に10発照射して、毛包のバルジ領域に熱を貯めて、ダメージを与える原理です。
 
 
  • 文献
  • 2種類の810nmダイオードレーザーによる脱毛を比較:低出力、連続照射法VS高出力、ワンショット照射法

    Lasers Surg Med. 2014, 46(4):270-4

    【背景と目的】

    望ましくない毛や過剰な毛を除去するために、レーザー脱毛はますます人気が増している。我々は競合する2つの脱毛技術に関連して有効性と疼痛を比較評価した。つまり、市場をリードする吸引機能付きワンショット照射の810nmダイオードレーザーと新しい「インモーション(訳補足:クルクルと小刻みに回す動作)」技術の照射レーザーの2種類。この研究は、この2種類の装置を用いて、長期間(6〜12ヶ月)の毛の減少効果、および痛みの引き起こし具合を検討した。

    【研究デザイン/材料と方法】

    下腿もしくは腋窩いずれかで、前向き無作為比較を行った。「インモーション」として知られるスーパーヘアーリムーバル(SHR)モード(Alma Lasers、Buffalo Grove、IL)のソプラノ XL 810nmダイオードレーザー、および、ワンショット打ちのレーザーとを比較した。6から8週間隔で5回レーザー治療を行い、1カ月、6カ月、12カ月の追跡調査を行った。疼痛は、10ポイントスケールで患者が主観的に評価した。毛分析も行った。

    【結果】

    ワンショット打ち、および、インモーションレーザーで、それぞれ、6ヶ月後で33.5%(SD 46.8%)および40.7%(SD 41.8%)の毛数が減少した(P = 0.2879)。ワンショット打ちレーザーの疼痛評価(平均3.6,95%CI:2.8〜4.5)は、インモーションレーザーの評価(平均2.7,95%CI 1.8〜3.5)よりも有意に(P = 0.0007)大きかった。

    【結論】

    このデータは、低出力、平均パワーが高いダイオードレーザーで連続照射動作(マルチパスインモーション)を行い、良好な有効性を維持しながら、痛みや不快感の少ない減毛のために有効な方法であるという仮説を支持する。 6ヶ月の結果は、両方の装置で12ヶ月間維持された。

鼻毛脱毛

先端が5ミリのフェイシャル・チップを装着して、鼻孔入り口の鼻毛、口唇に残った数本の毛、手指の細かい毛も効率よく脱毛できます。
鼻毛脱毛は通常モードによるショット打ちになり、奥の鼻毛は残し、入り口の見える範囲で10ショット程度照射します。(料金5,000円)
口唇は、蓄熱式レーザー脱毛時で、残っている細かい毛にはフェイシャルチップを使用しております。