医)茉悠乃会
船橋ゆーかりクリニック

 電話 0120124103 ☆9:15受付開始
看護師求人は締め切りました
臨時休診 ☆10月13日水曜

ピコ秒レーザーに関する学会発表

2017年10月形成外科学会で発表
2018年8月美容皮膚科学会で発表

1回照射後の炎症後色素沈着(ぶり返し)の有無から検討したピコ秒レーザーの有効性は、53.79%でした。ぶり返し(炎症後色素沈着)はピコ秒レーザーでも生じる場合があります。炎症後色素沈着があまり生じない場合もあります。
現在、3ヶ月待ってから、2回目照射すると、かなり改善することがわかっています。

大きくて、色が濃い日光性色素斑には2回照射でほぼ取れてきました。メラニン色素の分布が深くて、厚みがあるからだと考えられます。1回目の照射後、炎症後色素沈着が生じていますが、2,3ヶ月待つと、薄くなりました。残ったメラニン色素に対してピコシュアを照射すると、さらに取れました。
光治療後に残ったそばかすにも、ピコシュアが有効でした。皆さん、かなり喜ばれています。そばかすでは、光治療が効く浅い分布のメラニン色素と、光治療が効かない深い分布のメラニン色素があるようです。深い部分にはピコシュアが効きます。炎症後色素沈着はほぼありません。
真皮メラノサイトーシスは、Qスイッチレーザーより、ピコ秒レーザーの方が優れた結果が出ています。メラニン色素の分布が深いからです。炎症後色素沈着が生じないで、薄くなるので、画期的です。(炎症後色素沈着が発生する場合もあります)

ピコ秒レーザーの照射料金

ショット打ち(2mm大)

大きいシミ 1cm以上 

1x1cm 11,000円(最低料金)

1.5x1.5cm 22,000円

2x2cm 33,000円

3x3cm 44,000円

4x4cm 55,000円

1cm以下の小さいシミ 2mm大で換算

20個相当 11,000円(最低料金)

40個相当 22,000円

60個相当 33,000円

80個相当 44,000円

100個相当 55,000円

刺青 2mm幅で換算、面積で算出

4cm(1x1cm) 11,000円(最低料金)

10cm(2x2cm) 33,000円

20cm(3x3cm) 44,000円

40cm(4x4cm) 55,000円

これ以上のサイズは、4x4cmの繰り返しで計算します

フラクショナル照射

鼻尖部のみ 11,000円(追加)

鼻尖部+両鼻横 22,000円(追加)

両下眼瞼、両鼻横、両目尻 5x2.5cmx2部位 33,000円

両目元+両頬全体 5x5cmx2部位 55,000円

全顔トータルケア

全顔 110,000円

1cm以上のシミは別途料金

形が不規則な場合

見積もりますので、ご相談ください。

再照射に関して

照射後3ヶ月経過しても残っているシミは、深い部分に分布したメラニン色素ですので、再照射する必要があります。その際も、同じ料金がかかります。範囲が狭くなった場合は、相当額になります。

治療手順

初診

予約に日時にご来院⇒パウダールームでお化粧を落とします⇒院長のシミ相談⇒写真とアンテラ3Dでシミの現状を記録解析、シミの種類を診断&治療法のコンビネーションをご提案⇒ご質問とお答え⇒OKなら、承諾書にサイン⇒⇒パウダールームでお化粧⇒受付で処置日時をご予約、会計(2,000円)⇒帰宅

再診

来院1時間前に照射希望部位に麻酔テープ(ペンレス)を貼付⇒照射時間の10分前にご来院⇒レーザー室にご案内⇒照射部位の確認⇒ピコ秒レーザー照射⇒5分間冷却⇒軟膏塗布⇒パウダールームでお化粧⇒お会計(下記参照ください)⇒帰宅

ご自宅

シミの場合、翌日からこげ茶色の痂皮(かさぶた)が多数できます。お化粧はできますが、洗顔時にこすらないようにご注意ください。自然に落ちたり、テープに付着して脱落する痂皮はOKです。テープに付着してこない痂皮はそのままそっとしておいてください。

再診

1週間後、レーザー照射後の診察をお受けください。美白クリーム(ルミキシル9g、4,500円)をご購入いただき、塗布を開始します。

再診

2週間前後で、エレクトロポレーション(トラネキサム酸とビタミンCの導入、8,000円)の施術で、ベースになるお肌を全体的に整えていただきます。

再診

1ヶ月後と2ヶ月後に診察(1,000円)をお受けください。次の照射予定を立てます。

リスク・副反応&対策・対応

痛み

麻酔しないで、そのまま照射すると、ちくちくと鋭い痛みを感じます。

対策:麻酔クリーム(30分前塗布)や麻酔テープ(1,2時間前貼付)で、あらかじめ準備します。

ただし、表面麻酔を行っても多少痛みを感じる場合があります。

痂皮

黒褐色のかさぶたが付着します。

茶色テープでカバーしている場合は、テープから透けて見えます。テープを剥がす際に一緒に取れてきます。

軟膏を塗布している場合は、洗顔時に徐々に落ちてきます。

経過:皮ふのターンオーバーが早い方は4,5日で痂皮が落ちてきます。ターンオーバーが遅い方は1週間から2週間かかります。

赤み

かさぶたが落ちたあと、赤みが残る場合があります。

経過:赤みは炎症によるものですので、徐々にうす茶色になってきます。炎症後色素沈着と呼びます。

炎症後色素沈着

レーザー照射後の炎症によって発生する色素沈着です。

痂皮が落ちて赤みがあると、発生しやすい印象がありますが、赤くなくても、徐々に発生する場合もあります。発生しない場合もあります。

お肌の抗酸化力の弱い、強いで、炎症後色素沈着の程度が決まっているのではないかと推測しています。

対応:ルミキシルクリームを塗布。トランサミン内服、UVケア、グルタチオンやビタミンCの点滴

経過:2,3ヶ月かけて、徐々に薄くなってきます。

残った色素斑

レーザー照射後3ヶ月経ても、消えない色素斑は、深い層に分布するメラニンです。

対応:再度レーザー照射を行います。

照射方法と対象疾患

照射方法

対象疾患

ショット打ち(2mm大)

刺青
アートメイク
丸いしみ(小~大)
太田母斑
異所性蒙古斑
真皮メラノサイトーシス

フラクショナル照射

小じわ
ちりめんじわ
毛穴
ニキビ痕

全顔トータルケア
フラクショナル照射
ショット打ち

シミ(大小)

こじわ

毛穴 

NEWS:刺青除去原理

海外のデータによると、従来のQスイッチレーザーよりピコ秒レーザーの方が、少ない照射回数で脱落する傾向がありますが、色素が分布する深さや厚みで反応がそれぞれ異なっています。

ピコ秒の方がナノ秒より粒子が細かく粉砕されます
ピコ秒の方がナノ秒より少ない回数で除去率が高い

NEWS:毛穴や小じわの治療原理

ピコレーザーの第2モードとも言えるフラクショナル照射は、小じわに対する照射法です。焦点を表皮内に合わせた極小マイクロアレイレンズでレーザーを細かく分け、照射します。
表皮内空砲ができ、メラニンを破壊し、真皮のコラーゲンやエラスチンの合成が促進されます。

お問い合わせ&ご予約

ご質問&ご予約  0120-12-4103
電話受付は9時15分から開始です.
受付時間(昼休憩はございません)
月火水金9-18時・土9-16時
診察時間(休診:木日祝日)
午前:月火水金土9-13時
午後:月火水14(金15)-18時
全日手術と土曜診察に要予約料
保険も自費も全日完全予約制です.
事前に問診票を印刷してご記入いただくと、
受付での待ち時間が短くなります♬