船橋ゆーかりクリニック
皮膚科/形成外科/美容皮膚科/美容外科
朝の電話受付は9時15分からです.

耳ケロイドの摘出手術

手術件数

2023年54件,2022年53件,2021年51件

20代女性

耳輪に発生した巨大ケロイド

左耳輪のケロイド除去を希望されて、ご来院。ケロイドは大きく、後方は3cm程度あった。

治療内容

耳介腫瘍摘出術+皮弁形成術(保険診療)
耳輪前後のケロイド組織を摘出+ケロイド表層の皮ふで皮弁形成。ボルスター固定。1週間後、抜糸。

治療頻度・治療期間

手術回数1回、通院回数7回

経過

術後は皮弁部にケロイド再発傾向を認めたため、ステロイド注射を併用し、腫れは引いてきた。術後5年のフォローあり。

手術費用(保険診療)

手術の総額 25,000円
内訳

  • 手術代 約20,000円
  • 再診料,薬代など1,000円
  • 予約料 4,000円

リスク・副作用

皮弁の創傷治癒の遅延による創部離開、皮弁壊死。傷跡が残る可能性。ケロイド再発の可能性。術後の定期的な通院の必要性。

経過写真

耳輪に発生した巨大ケロイド.左耳輪のケロイド除去を希望されて、ご来院。ケロイドは大きく、後方は3cm程度あった。治療内容.耳介腫瘍摘出術+皮弁形成術(保険診療).耳輪前後のケロイド組織を摘出+ケロイド表層の皮ふで皮弁形成。ボルスター固定。1週間後、抜糸。.治療頻度・治療期間.手術回数1回、通院回数7回.経過.直後は皮弁部が多少ぶ厚くなっていたが、ステロイド注射することなく、腫れは引いてきた。術後5年のフォローあり。手術費用. 手術の総額 25,000円.内訳.手術代 約20,000円.再診料,薬代など1,000円.予約料 4,000円.リスク・副作用.皮弁の創傷治癒の遅延による創部離開、皮弁壊死。傷跡が残る可能性。ケロイド再発の可能性。術後の定期的な通院の必要性。

30代女性

耳垂の前後に発生したケロイド

右耳垂のケロイド除去を希望されて、ご来院。ケロイド組織は耳垂の前後に認められた。

治療内容

耳介腫瘍摘出術(保険診療)
耳垂前後のケロイド組織を単純摘出、縫合。1週間後、抜糸。

治療頻度・治療期間

手術回数1回、通院回数6回

経過

約1年後にやや上方に新しいピアス穴を開けた。

手術費用

手術の総額 20,000円
内訳

  • 手術代 約14,000円
  • 再診料,薬代など1,000円
  • 予約料 4,000円

リスク・副作用

皮弁の創傷治癒の遅延による創部離開、皮弁壊死。傷跡が残る可能性。ケロイド再発の可能性。術後の定期的な通院の必要性。

経過写真

30代女性.耳垂の前後に発生したケロイド.右耳垂のケロイド除去を希望されて、ご来院。ケロイド組織は耳垂の前後に認められた。治療内容.耳介腫瘍摘出術(保険診療).耳垂前後のケロイド組織を単純摘出、縫合。1週間後、抜糸. 治療頻度・治療期間.手術回数1回、通院回数6回.経過.約1年後にやや上方に新しいピアス穴を開けた。手術費用.手術の総額 20,000円.内訳.手術代 約14,000円.再診料,薬代など1,000円.予約料 4,000円.リスク・副作用.皮弁の創傷治癒の遅延による創部離開、皮弁壊死。傷跡が残る可能性。ケロイド再発の可能性。術後の定期的な通院の必要性。

30代男性

耳垂に発生した大きなケロイド

左耳垂のケロイド除去を希望されて、ご来院。ケロイド組織が耳垂全体を占めており、耳垂形態を形成するのが難しいと判断されます。

治療内容

耳介腫瘍摘出術+皮弁形成術(保険診療)
ケロイド組織から皮膚を薄く剥離し、bipedicle bilobed flapを挙上し、耳垂形態を再現しました。血流はギリギリなので、細心の注意が必要でした。縫合後、ボルスター固定を行い、1週間圧迫してから、解除・抜糸。

治療頻度・治療期間

手術回数1回、通院回数3回
術後の通院は1度のみで、フォローアップできておりません。

手術費用

手術の総額 25,000円
内訳

  • 手術代 約20,000円
  • 再診料,薬代など1,000円
  • 予約料 4,000円

リスク・副作用

皮弁の創傷治癒の遅延による創部離開、皮弁壊死。傷跡が残る可能性。ケロイド再発の可能性。術後の定期的な通院の必要性。

経過写真

耳垂に発生した大きなケロイド.左耳垂のケロイド除去を希望されて、ご来院。ケロイド組織が耳垂全体を占めており、耳垂形態を形成するのが難しいと判断されます。治療内容.耳介腫瘍摘出術+皮弁形成術(保険診療).ケロイド組織から皮膚を薄く剥離し、bipedicle bilobed flapを挙上し、耳垂形態を再現しました。血流はギリギリなので、細心の注意が必要でした。縫合後、ボルスター固定を行い、1週間圧迫してから、解除・抜糸。治療頻度・治療期間.手術回数1回、通院回数3回.術後の通院は1度のみで、フォローアップできておりません。手術費用.手術の総額 25,000円.内訳.手術代 約20,000円.再診料,薬代など1,000円.予約料 4,000円.リスク・副作用.皮弁の創傷治癒の遅延による創部離開、皮弁壊死。傷跡が残る可能性。ケロイド再発の可能性。術後の定期的な通院の必要性。

20代女性

ヘリックス ケロイド摘出後、3度再発例

左ヘリックス(前後)のケロイドの治療を希望されて、ご来院。

治療内容

耳介腫瘍摘出術(保険診療)

治療頻度・治療期間

手術回数4回、通院回数
術後通院なく、再発を3回繰り返し、そのたびに手術を行い、ステロイド局所注射を打ち、やっと落ち着きました。
1回目の再発は前後でしたが、2回目、3回目の再発は、後部のみでした。

手術費用

手術の総額 25,000円
内訳

  • 手術代 約20,000円
  • 再診料,薬代など1,000円
  • 予約料 4,000円

リスク・副作用

創部の炎症による赤み。創傷治癒の遅延による創部離開。傷跡が残る可能性。ケロイド再発の可能性。術後の定期的な通院の必要性。

経過写真

20代男性

耳垂ケロイド摘出後、再発例

左耳垂のケロイドの治療を希望されて、ご来院。

治療内容

耳介腫瘍摘出術(保険診療)

治療頻度・治療期間

手術回数2回、通院回数9回
術後4ヶ月でケロイド傾向がなかったため、一旦終了しましたが、5年半後に後面が再発したとのことで、再診。巨大なケロイドが発生していましたので、再度手術を行いました。

手術費用

手術の総額 25,000円
内訳

  • 手術代 約20,000円
  • 再診料,薬代など1,000円
  • 予約料 4,000円

リスク・副作用

創部の炎症による赤み。創傷治癒の遅延による創部離開。傷跡が残る可能性。ケロイド再発の可能性。術後の定期的な通院の必要性。

経過写真

20代女性

耳垂ケロイドの切除手術治療

右耳垂の大きなケロイドの治療を希望されて、ご来院。

治療内容

耳介腫瘍摘出術(保険診療)

治療頻度・治療期間

手術回数1回、通院回数13回
ケロイド再発のため、ステロイド局所注射を月1回、合計8回程度行い、落ち着きました。

手術費用

手術の総額 25,000円
内訳

  • 手術代 約20,000円
  • 再診料,薬代など1,000円
  • 予約料 4,000円

リスク・副作用

創部の炎症による赤み。創傷治癒の遅延による創部離開。傷跡が残る可能性。ケロイド再発の可能性。術後の定期的な通院の必要性。

経過写真

50代女性

耳ケロイドの切除手術治療

左耳のケロイドの治療希望されて、ご来院。

治療内容

耳介腫瘍摘出術(保険診療)

治療頻度・治療期間

手術回数1回、通院回数3回

手術費用

手術の総額 25,000円
内訳

  • 手術代 約20,000円
  • 再診料,薬代など1,000円
  • 予約料 4,000円

リスク・副作用

創部の炎症による赤み。創傷治癒の遅延による創部離開。傷跡が残る可能性。ケロイド再発の可能性。術後の定期的な通院の必要性。

経過写真

20代女性

耳ケロイドの切除手術治療

左ヘリックスのケロイドの治療希望されて、ご来院。

治療内容

耳介腫瘍摘出術(保険診療)

治療頻度・治療期間

手術回数1回、通院回数6回ケロイドが少し再発してきたため、ステロイド局所療法を行いました。

手術費用

手術の総額 25,000円

内訳

  • 手術代 約20,000円
  • 再診料,薬代など1,000円
  • 予約料 4,000円

リスク・副作用

創部の炎症による赤み。創傷治癒の遅延による創部離開。傷跡が残る可能性。ケロイド再発の可能性。術後の定期的な通院の必要性。

経過写真

耳ケロイド治療 Q&A

1. どうしてケロイドになるの?

ケロイドは、傷跡が正常以上に肥厚してしまう状態を指します。特定の体質を持つ人に多く見られ、ピアスの穴からの炎症が長引くと、その部分にケロイドが発生しやすくなります。炎症が長期間持続すると、体はその部分を修復しようとして過剰にコラーゲンを生成し、結果としてケロイドが形成されてしまいます。

2. ケロイドは大きくなるの?

ケロイドは、小さなものから、2、3センチメートルといった巨大なものまで、様々な大きさに成長する可能性があります。これは、傷の治癒プロセス中のコラーゲンの過剰な蓄積によるもので、個人の体質やケアの方法によって大きさが変わってきます。

3. 防ぐ方法はあるの?

ケロイドを防ぐためには、ピアスの穴などの炎症を放置しないことが重要。炎症が発生した場合は、速やかにクリニックで適切な処置を受けること。ピアス穴の洗浄やレスキューピアスの使用により、炎症を抑え、ケロイドの発生リスクを減らすことができます。

4. 初期症状は?

ケロイドの初期症状は、傷跡が硬くなったり、しこりができたりすること。これらの症状に早めに気づき、適切に対処することで、ケロイドが大きくなるのを防ぐことが可能です。

悩んでないで、無料メール相談からお気軽にご相談ください。

5. 治療法はあるの?

小さいケロイドには、ステロイド局所注射が有効。これにより、ケロイドの炎症を抑え、大きさを縮小させることができる。定期的にクリニックを訪れる必要があるけど、治療によって改善が見込めます。

もしケロイドが大きくなってしまった場合は、摘出手術が選択肢として考えられます。手術後も、ケロイドが再発しないように、定期的な通院が必要になります。再発した場合は、ステロイドの局所注射を定期的に行います。

6. 遠方の場合は?

初診は   LinkIcon オンライン診療でも対応しています。手術日時を決めることができます。

術後再診は当院に月1回ご来院いただくか、お近くの形成外科専門医をお探しすることができます。

LinkIcon 日本美容外科学会の地域別専門医検索サイトへ

耳ケロイドの治療手順

1. 予約

院長診察のご予約 

初診の来院が不要になるオンライン診療も可能。

耳ケロイドは寺田院長のみ対応。

2. 初診

寺田院長の診察

手術による摘出可能と診断された場合、手術のご説明と承諾書にサインをいただきます。

3. 手術

予約された手術日時にご来院いただきます。

耳ケロイドの程度によって手術時間は30分~1時間かかります。

術後処置のご説明(看護師)

4. 抜糸

1週間後ご来院、抜糸します。

傷の治りが良くなければ、抜糸を1週間延期することがあります。

5. 再診

1ヶ月後ご来院、ケロイド再発のチェック

放置されると、再発する場合がありますので、3ヶ月程度月1回通院をお願いしております。