医療法人社団 茉悠乃会
船橋ゆーかりクリニック

ご予約はこちら:現在の予約状況:女医 月,火,水(隔週),金曜
診療時間: 診察券アプリと予約方法 :金曜夜間手術対応(17-19時)
ほくろレーザー除去

 
~保険診療でも待ち時間が短い駅近の皮膚科~
 0120-12-4103  不具合時047-421-1103 
Facebook:無料メール相談:院長ブログ:皮膚外科サイト
お知らせ:かづき・デザインテープ取扱:予防接種受付一旦終了
年末年始 12月27日水曜まで、1月5日金曜から

子供脱毛
ピコレーザー

医療法人社団 茉悠乃会
船橋ゆーかりクリニック

待ち時間が短い駅近の皮膚科
お問合わせ&ご予約 0120-12-4103
JR船橋駅北口から右手にあるドコモの上
お知らせ 金曜夜間(18時~20時)手術可,遠隔診療準備中
     月曜と水曜は夕方18時30分まで受付
     かづき・デザインテープ取扱:インフルエンザ予防接種受付終了
女性医師3名 毎週月9-17,火9-18,金9-14,17-20,隔週水9-13時
年末年始 12月27日水曜まで、1月5日金曜から

すり傷と切り傷

医療関係の皆様へ、早くきれいに治す方法です。参考にしていただくと幸いです。
汚れをブラシで取り除き、挫滅した組織は切除してから、縫合することが大切です。

すり傷・切り傷の治療結果

ケース3

おでこ、上まぶた、下まぶたのすり傷。エムラクリームを塗布後30分してから処置を始めます。生食を垂らしながら、ブラシを掃くように動かして、微小な汚れをこすり落とすと、思った以上に落ちます。受傷から時間が経っていて、白っぽい膜状のフィブリンが析出していたら、積極的に除去して問題ありません。

受傷時

ブラッシング

細かい汚れ

受傷時

ブラッシング

細かい汚れ

処置直後

処置後1週間

コメント

処置直後

処置後1週間

すり傷があると、汁が出てきます。汁はリンパ液なので、その中に含まれているフィブリンが固まります。汚れはフィブリン膜の下にありますので、積極的にフィブリン膜は除去してください。

ケース2

頬部のすり傷と切り傷。同じ場所にありますが、処置可能です。お子さんは怖がらせないように、処置のときの痛みを完全になくすことがポイントになります。

受傷時

処置後3日

処置後1週間

受傷時

処置後3日

処置後1週間

処置後2週間

処置後2ヶ月

コメント

処置後2週間

処置後2ヶ月

すり傷と切り傷が一緒になった怪我。麻酔クリーム塗布後、ブラッシングを行い、創縁切除して、真皮縫合しました。3日後には上皮化しています。

ケース1 

頬部広範囲のすり傷と眉毛の切り傷。ダーモスコープで皮膚表面を拡大してみると、細かい粒がたくさん付着しています。皮膚にめり込んでいるので、水で軽く洗ったくらいでは落ちません。麻酔クリーム塗布後、生理食塩水を流しながら、ブラッシングしたあと、拡大してみると、付着物はほぼ除去できています。切り傷は創縁切除後に真皮縫合で閉鎖しました。処置後3日には上皮化しています。異物が付着していないと、治りがすごく早いことにしばしば驚かされます。やや深かった部分は炎症後色素沈着が発生しています。UVケアと保湿をしっかり行い、徐々に改善しました。

受傷時

ダーモスコープ

処置直後

受傷時

ダーモスコープ
皮膚表面の拡大

ブラッシング直後

ダーモスコープ

創カバー

処置後3日

処置直後
ダーモスコープ
皮膚表面の拡大

創部カバー
デュオアクティブ

処置後3日

 

処置後6日

処置後1ヶ月

処置後5ヶ月

処置後6日

処置後1ヶ月

処置後5ヶ月

原因

 皮膚が損傷するメカニズムには大きく分けて、2つあります。机の角など何かが強く当たるとか、鋭い刃物で切れるとか機械的な原因と、熱や有機溶媒、酸アルカリなど化学的な原因です。
 すり傷と切り傷では、まず、皮膚損傷の面積が異なります。すり傷は面で、切り傷は線で生じます。損傷の深さから見ると、血が出る場合は、真皮まで損傷が及んでいます。血が出ない場合は、表皮のみです。通常、損傷の深さは均一ではありませんので、浅い部分や深い部分が混じっている状態です。
 机の角など何かに強く当たると、皮膚が押し潰された状態になります。これを挫滅と言います。挫滅した状態で、皮膚が切れてしまうと、創縁の皮膚は弱く、脆くなっています。つまり、毛細血管がダメージを受けて、血液循環が悪く、治りが良くない状態になります。

治療のポイント

すり傷

すり傷(擦過傷)をきれいに治したいとき、湿潤環境も大切ですが、その前にもっと大切なことがあります。
目に見えないミクロの汚れを落とすこと
接触型皮膚拡大鏡(ダーモスコープ)ですり傷の表面を拡大してみると、小さな砂粒、金属片、アスファルト片など汚れが多数付着しています。これは水道水で洗ってもなかなか落ちません。皮膚表層の表皮が剥がれて、真皮表層に汚れがくい込んでいるからです。ブラシで積極的に掃いて落とすことが必要です。でも、痛みがありますから、麻酔クリームや麻酔注射が必要ですので、病院に行きましょう。自己責任で、痛みを伴いますが、ご自分で新しい歯ブラシを使って、すり傷をきれいにしようと、努力なさる方は止めません。

切り傷

鋭利なきれいな刃物でスパッと切れていれば、そのまま縫合してよいですが、そのような条件で切り傷が生じることは稀です。多くは、皮膚が机や石の角など何かにあたって、押し潰されて、切れてしまうケースがほとんどです。
押し潰された組織は、毛細血管にダメージがあるため、血流が悪化し、治りが悪くなるわけです。したがって、切り傷の創縁は、メスで新たに切り取って、フレッシュにしてから、縫合した方が治りが早く、きれいになります。
ところが、救急外来で、創縁を切り取ってから、縫合処置ができるドクターは数少ないと思います。

アフタケア

早く治る=炎症が最小限に食い止められる。これがきれいに治る理由です。けれども、しばらく、赤みが残ります。これは炎症ではなく、表皮が薄くなったため、血液が流れている真皮が赤く透けて見えている状態です。メラニン色素が少なくなり、紫外線に対して、弱くなっていますので、赤みがなくなるまで、UVケアは必須です。切り傷のあとにはテーピング、すり傷のあとには日焼け止めが最適でしょう。自験例で保険適応外使用にはなりますが、皮膚潰瘍治療外用薬のアクトシン軟膏が表皮角化細胞を増殖させる作用がありますので、表皮が早く回復して、赤みが早く取れてくる印象があります。
 
治りが悪い=炎症が長引く=色素沈着や肥厚性瘢痕の発生。炎症後色素沈着や炎症の赤みにはビタミンCやトラネキサム酸の内服がよいです。厚みが薄い肥厚性瘢痕にはステロイド徐放テープのドレニゾンテープを貼付すると効果があります。厚い肥厚性瘢痕には、テープだけだと効果が少ないので、痛みはありますが、ケナコルト注射が適応になります。